和食メニューの間違えやすい食べ方

今すぐお店に行きたくなるレストランの話
友人と、仕事仲間と、カップルで…様々なシーンで使うことがあるのが、和食のレストランです。
雰囲気も落ち着いていて、話も弾む席になる和食のレストランですが、基本的なマナーは是非とも身につけておきましょう。
でないとあなたが恥ずかしい思いをすることになりますよ。
間違えやすい点として、お刺身、串物、鍋物のマナーについて触れていきます。
まずはお刺身です。
生の魚を食べる、という習慣は日本ならではといいますが、このお刺身を食べるのにもマナーがあります。
よく見かけるのは醤油にわさびをたっぷり溶かしてそれにどっぷり漬けて食べている人です。
実は、これはNG。
わさびをつけて食べたい場合には、醤油に溶かすのではなく、お刺身にわさびを少し乗せて、それを醤油につけて食べます。
この時、お箸の持ち手のほうを使ってわさびを取る人を見かけますが、それもNGです。
お箸の持ち手は手についている雑菌などがついていることがあるためです。
普通に箸先で取ってしまって問題ありません。
どうしても気になる場合には、とりわけ用のお箸を一膳、お店の人に頼んで用意してもらっておくといいでしょう。
次に串物のマナーです。
和食には串物も多く登場しますが、串のまま食べるのはあまり美しいとは言えません。
特にかしこまった席では、串を先に外して食べるようにすると綺麗に食べることができますよ。
出来立てであればすぽんと外れます。
外れにくいという場合には、くるくると串を回しながら取るといいですよ。
そして最後に鍋物です。
鍋を食べるときに、自分が口をつけてしまった箸をつけることが嫌で、持ち手を使って取る人がいますが、逆に不衛生になりますので、やめましょう。
できるだけ、とりわけ用のお箸を用意してもらって食べるといいですね。
親しい間柄であれば、口につけた箸でそのまま取ってしまっても特にマナーとして問題はありません。
このように、それぞれでマナーがあるのが和食です。
和食のレストランでは、いろいろなメニューが出てくることがありますが、それに応じたマナーを身につけておくとスマートに食べることができます。
そういったマナーを持っている、というのも一種ステータスですから、ぜひ正しい知識を持って和食を楽しんでくださいね。
ちなみにマナーができていないと(特に男性)、彼女や奥さん、自分の子供も「マナーがなっていない人」と思われてしまうこともありますから、注意してくださいね。

Copyright (C)2017今すぐお店に行きたくなるレストランの話.All rights reserved.